地方によって骨壷のサイズがまちまちです

2019年12月15日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀には納骨という大切な儀式があります。これは大変辛い作業になりますが骨壺の中に故人の遺骨を納めます。地方によって骨壺のサイズがまちまちです。葬 儀 にはある程度まとまった高額なお金がかかります。それを嫌う一部の人たちでは、一般的な葬 儀 を止めて、家族葬に切り替える人たちが増えてきています。それは一体どうした理由によるものなのでしょうか。これは実に簡単な話です。葬 儀 の参列者をごく親しい親戚だけに限定して、それで、葬 儀 自体にかかる費用を最小限にしようとする試みです。

続きを読む

故人の意思に沿った最期を迎えるには

2019年11月02日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年、遺言を残す方が増えています。理由は明確で、終活のブームではないでしょうか。死を暗いイメージで捉えるのではなく、前向きな出発と捉える考え方です。故人の考えが尊重されることで、参列者も気持ち良く送れるのではないでしょうか。そして、近年の主流は直葬です。派手なセレモニーを省いて、最低限のお葬式を行うことです。費用は30万円程度に抑えられますし、その後の法要にお金を充てることが出来ます。これからの時代は、直葬が大多数を占めると言われています。

続きを読む

お通夜が平日に行われることが多い理由

2019年10月16日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お通夜に平日が多いのは理由があります。まず、大都市圏は葬儀場が空いてない という理由です。土曜日日曜日に取り組むには、会場を押さえることが欠かせません。家でおこなう事も可能だと言えますが、今では会場で実行するケースが主流となっています。とくに大都市圏はこうした傾向が高く、家では広さもないというようなケースも多いといえるでしょう。そういう事情から、土曜日日曜日に行ないたいと考えても予約が取れないケースがあります。

続きを読む

お葬式の他にお通夜を行う理由とは何か

2019年09月06日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人が亡くなるとお葬式だけでなくお通夜を行うのが一般的ですが、どうしてこのような儀式を行う必要があるのか、その理由を知りたい方もいるのではないでしょうか。お通夜とは、亡くなった人の遺族又は近親者が、夜通しご遺体に付きそうことを指しています。このようなご遺体を見守る風習は、奈良時代以前からあったようで、本当にその人が亡くなったのかをどう確かめる意味もあったと言われています。その時代は、医学が発達していなかった為、生死の判断が難しかったからです。

続きを読む

葬儀のときにはいろいろと品物が

2019年08月24日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀に関することですが色々と花とか供え物などがあります。これは自分たちで用意してもよいということになりますが、参列してくれた人がお供えのための品を用意することもあります。葬式というのは様々な儀式を行うということになりますので色々なお供えをするというのはどのような国の風習であろうともよくある話です。日本でも仏式などでもよくあったりします。どのようなものを備えるのかということですが別に基本的に食べ物のようなものであれば何でも良いです。

続きを読む